PAGE[16]
[君]

君がいたから僕は笑えてた
思い返すとそうだったな
さっきまで泣きそうな声だったのに
今じゃ目の前でやさしい表情さ

そうやって君が笑ってみせる
だから僕は笑えなくなる


足らない熱は補うから
今は泣いていいよ
僕の傍で泣くのなら
君の小さな手を握っていられるから



風に舞ってく花びらを
すくうようなことなのかな
どうしたってこの白い世界から
連れ出したいよ


そうやって僕がもがいても
君はそっと笑うだけ



足らない熱は補うから
今は泣いていいよ
僕の傍で泣いてくれるなら
強く手を握っていられるから


想像するとこわいね
僕も君も弱いけど
君のためなら強がっていられるよ

足らない熱は補うから
今は泣いていいよ
僕の傍で泣くのなら
ツヨク抱きしめてあげられるから





[←前|次→]
[セ編集]

[Back]