PAGE[12]
[呼吸]

壊れた世界の片隅で捨てられた猫みたいに
夢から逃げ出して身体丸めてたんだ
窓の外から見えてる街には人が渦巻いてるのに
どうしてあたしはこんなに寂しさに襲われているの?

同じような孤独を分けあう
そんな理由で熱をわけあってもなにも残せないままでいたんだ

♪だって…なんてぬるい言い訳じゃ片付かないし
 偽って絡ませた感情の跡よりもっと
 引っ掻いてつけた傷の方がまだいいよって
 もがいて傷つけあってあたしは呼吸をするの

壊れたあたしの空想
繋ぎ止めるのは難しくて
それでも抱えて生きてみたかったんだってば

同じような日々を重ねて生きてみても
傷みに慣れることできないままでいるんだ、今もね

♪だって…なんてぬるい言い訳じゃ片付かないし
 偽って絡ませた感情の跡よりもっと
 引っ掻いてつけた傷の方がまだいいよって
 もがいて傷つけあってあたしは呼吸をするの


♪繰り返し


[←前|次→]
[セ編集]

[Back]