PAGE[10]
[Misty Blue]

いつものように夜のなか
似た者同士
集まって強いふり
街を見下ろした

もう戻れない
嘘には慣れたわ
傷つきたくはない
うまくはいかないもの
わかっているけど知らないうちに求めてる

♪曖昧なほどに疼きだすんだ
心の中を揺らしてゆく
僕は君の知らないところへ
この気持ちを隠したの


いつものように
それが
上手くいかなくなる
離れてゆくの
いつまでも同じようにいられない

わかっていたんだ
僕らには夜しかない
君は誰と笑うの?
いくら体温を重ねてみたって
あたたかくはならないんだ

♪曖昧なほどに疼きだすんだ
心の中を泳ぎだす
だから君の知らないところに
僕の気持ちを隠したの


隠しきれない
体は素直ね
涙は溢れてる
まだ消せないよ
言葉をちょうだい
優しくしなくていいから


曖昧なほどに Uh...
心の中を Uh...


♪曖昧なほどに恋しくなるんだ
今はなにも見たくない
僕は君の知らないところに
この気持ちを隠したの



[←前|次→]
[セ編集]

[Back]