PAGE[07]
[pendent]

高く高く漕いだブランコから飛び降りる
空は変わらず高くあって掴むことはできない

怖がることなどきっとないよって歌ってる

大丈夫 ねえ きっと
また自分に言い聞かせて 涙隠した

こんな宙ぶらりな状態が怖くて何もなくて
君は言葉をくれないし
曖昧にしかわからないよ
いっそもう壊してしまいたかった


高く高く作り上げたものが壊れて
君は変わらず高くあって 掴むことはできずに
怖がってばかりだと今日も怯えている

大丈夫 ねえ そうよ 悲しいときほど強くあれるから

こんな宙ぶらりな状態が怖くて何もなくて
君はとても曖昧で
それゆえあたしは動けないよ
いっそもう壊れてしまいたかった


履き違えた強さを信じて縋るしかなかったの
全てを隠してあたしはずるいかもね


こんな宙ぶらりな状態が怖くて何もなくて
君はとても曖昧で
それゆえあたしは動けないよ
ひとりで震えていたの

こんな宙ぶらりで
泣いてしまえばいい
臆病で壊せなくて

だから笑って自分を保っていた

君のコトバが欲しかったんだってば



[←前|次→]
[セ編集]

[Back]