PAGE[02]
[Orange]

指先でなぞった地平線
いつもより大きい夕焼けが消えていった
溶けたアイスみたいに

しゃがみこむキミの目に映るオレンジが
頬をつたって地面を濡らした

悲しみは突然やってきて僕らを傷つける


たしかなものなんてないけど
Ice cream 溶けてしまうように
ずっとそのままでいることなんてきっとできないから
探し続けているんだ
少しでも優しい場所を

Uh uh uh...
ひだまりみたいに
ああ オレンジ


指先はかじかんで星空
手を握ったらいつもより温かい

繰り返したりしてるけどまた戻ってくるんだね


たしかなものなんてないけど
Ice cream 溶けてしまうように
ずっと泣かないでいたいけれどそれもできないから
探し続けているんだ
涙を癒せる場所を

Uh uh uh...
ひだまりみたいな
ああ オレンジ


たしかなものなんてないけど
Ice cream 溶けてしまうように
ずっとなんて言わないから今はそのままで
キミの隣が温かいよ
癒えてゆくんだ

Uh uh uh...
ひだまりみたいだね
ああ オレンジ



[←前|次→]
[セ編集]

[Back]